安い葬儀費用で安心のお葬式


高品質&最安値&安心【月々5000円の分割払いから申込みOK】

葬式費用には必要な物が全て含まれています

葬式の費用に支払う経済的余裕がない、払えないと思っている方はこのページを参考にしてみてください。
ネットから24時間受け付けの資料請求すれば事前見積で総額が確認できます。

 

安い費用

業界で一番安い葬儀費用【総額で14万円台
カード決済分割払いに対応

 

分割にすると月々5000円からの支払いで済みます。
費用が安くてもしっかりした内容なので安心です。

 

突然なことでお金の用意ができなくて困っている人はこの葬儀社の資料請求をしてみて下さい。

 

私もこの葬儀社のことを知るまでは「葬式ができないんじゃないか」と本当に悩みました。

 

費用で悩んでいる人は資料請求をしてみてください。

 

ネットから見積もりを申し込むと、5000円分の割引券がついてきます。
契約をするしないにかかわらず、その後の勧誘電話なども一切ありませんので安心です。

 

今はまだ必要としない方も、突然やってくる日に備えて相場や実際の費用を把握しておくと、いざというときに慌てなくて済みます。
お葬式の準備をしておくことは何も悪いことではありません。

 

>>無料見積と詳細はコチラ

 

葬式費用の総額と内訳について

病院の葬儀社から提示された費用の総額をみて困惑していました。とても払える金額ではなかったです。

 

葬儀が終わった今、テレビでも放映されていたように、価格表示をあいまいにして高額請求している業者が多いのが現実なんだと実感しました。

 

確認すべきポイントは、金額に含まれているものと含まれていないものをきちんと把握して契約することが大切だと思います。

 

緊急で、しかも、はじめて喪主をしなければいけないときなどは、大事な点を見落としがちになってしまいます。何が必要で何が不要なのかがわからないと追加請求を受け入れざるを得ません。

 

そのような不安を丁寧にそして迅速に説明して解決してくれたのが「シンプルなお葬式」でした。全ての内訳がわかりやすく書いてあり、追加料金のない一番安い会社でした。身内に不幸があり、そのとき実際に見積もりを取り寄せたときのことを公開します。

 

費用の見積もり額が明確

取り寄せた見積もりを見ましたが、葬式に必要な項目が詳細にわかりやすく書かれていました。
『葬式に必要なものはすべて含まれています』との記載も明記されていて安心できました。

 

 

 

葬式費用【お布施】

葬式費用の中で最もあいまいで訊くこともできないのがご住職ヘのお布施だと思います。
葬儀社に訊いても『金額は決まっていません。気持ちを包めばいいんですよ』とはっきり教えてくれません。
少なすぎては失礼だし、大目に払う余裕はないし。。。
でもシンプルなお葬式ではこのお布施額が定額になっていますので安心でした。

 

 

 

葬式費用【分割払いに対応】

安い葬式といっても十数万円もの費用は大金だと思います。
現金一括での支払いが難しそうなときはクレジットの分割払いを選ぶこともできるのも安心でした。
36回払いにすれば月々5000円なのでなんとからります。

 

 

 

葬式費用【マナー・予備知識】

近くの火葬場や葬式に関する情報等も資料で確認することができました。
この資料を基に他の葬儀社と相談することもできますから資料請求しておいて良かったと感じました。

 

 

 

葬儀の見積もり・資料請求はコチラ

 

 

 

 

 

今回利用したのは、全国対応で行っている『シンプルなお葬式』です。相場がわからなかったので実際に資料を取り寄せて相談しました。

 

取り寄せた資料には予備知識なども載っていて安心出来ました。

 

資料はメールでも受け取れますから急いでいるときは助かります。
うちは郵送してもらったのですが、一見して葬式関係の資料だとわからないようにされた配慮も嬉しかったです。

 

届いた資料を見て、わからないことはフリーダイヤルで訊くのが良い思います。

 

 

 

シンプルなお葬式の特徴
追加費用・後から請求一切なし

ご遺体の搬送料金や葬儀場の利用料金、火葬場の火葬料金まで一般的に別途料金となる物品やサービスも全て含んだプランです。

年間8000件の実績

全国での葬儀実績は年間8,000件。業界トップクラスの実績数になります。

全国対応

『シンプルなお葬式』の一番安い葬儀は日本全国、全ての都道府県で対応可能です。
全国3000カ所以上の斎場ネットワーク網で、すぐに最適な葬祭場を見つけ出してくれます。

専門スタッフの24時間366日対応

『シンプルなお葬式』では、24時間365日、3名〜5名のコールセンタースタッフが常駐しています。

 

 

 

取り寄せる資料は【葬儀に関する資料だとわからない】ように配慮して郵送されますから安心です!

 

 

電話で取り寄せを申し込めますが、個人情報が漏れると嫌だったのでネットで資料請求しました。

 

ネットでの資料請求限定ですが、5000円の割引カードがついていました!
5000円分でも入用のときは助かるし、少しでも出費を抑えたかったので嬉しかったです。

 

 

 

 

不幸は何の前触れもなくある日突然に・・・

 

不幸はいつやってくるか誰にも分かりません。ある日突然に不幸が訪れてしまいます。

 

喪主となった場合は心の整理がつかないまま葬式の段取りをすぐに決めなくてはいけません。

 

葬儀社を比較したり、費用や内容を検討する時間がほとんど取れない場合が多く、病院や近所にある葬儀社の言いなりに契約してしまう場合がほとんどです。

 

数日中に50万〜200万円もの大金を用意できますか??
ほとんどの人にとって用意するのが難しい金額だと思います。

 

私の経験をもとに、お金を余分に払わない契約の仕方を書いてみました。
少しでも何かのお役に立てば幸いです。

 

高額請求された友人の体験談を教えてもらいました【葬式費用が家計を圧迫】

 

急なことだったので契約後に困ったのが支払でした。
何もかもが初めてで葬式の相場がわからず見積額が適正な金額なのか否かの判断もできませんでした。

 

裕福とはいえない我が家は葬式の後、切り詰めた生活になったのを思い出します。。。

 

もしもの時に備えて適正金額と最低費用を知っておくことはとても大切だと思いました。

 

良心的な安い葬式を行う業者はもそう多くはありませんが探せば必ずあります。
もしものときに慌てないためにも前もって資料だけでも手元に置いておくことをおすすめします。
費用や相場を知っておくことで貯蓄の仕方も考えられると思います。

 

 

 

葬式の費用相場を確認する方法

シンプルなお葬式への見積請求とその他の葬儀社の見積も同時に取り寄せるておくと比較もできてさらに安心できると思います。

 

近隣の一番安い葬儀社

お住まいの地域で一番安い葬儀社を絞り込むことができます。

・申込みに関係なく見積もりは完全無料です。

・24時間365日対応で見積もりがすぐに届きます。

入力は1〜2分で簡単に終わりますのでまずは下記をクリックして確認してみてください。

>>無料見積もりはコチラ

>>無料見積もりはコチラ

葬式費用払えない

安い葬儀を行う葬儀社が増えてきたのは不況のせいもあると思います。故人をできるだけ立派に送り出してあげたいという遺族の気持ちは皆同じです。しかし、その思いを逆手に不明瞭な費用を請求する葬儀社が多いのは事実です。そして、高い葬儀費用を払うことに違和感を覚えている人が多いのも確かなのです。これまでグレーゾーンとされていた葬式費用に安い葬儀という概念が生まれたことは意義のあることだと思います。葬式費用のために残された遺族の生活が圧迫されるようなことを故人は決して望んでいないでしょう。今後、安い葬儀を第一歩に葬儀という業界がよりクリアに発展していくとこが望まれます。

準備の大切さ

親しい人が亡くなられた際、即座には立ち直れない人も多いことでしょう。けれども、故人や親しい人のためにも葬儀を執り行う必要があります。
心にうけるショックが大きければ大きいほど、落ち着いて判断するのが難しいため、なかなか葬儀費用のことまで頭が回らないのが普通です。

 

しかしながら、葬儀屋の提示する見積もり、提案内容に対して何の予備知識もないままだと、思っていた以上に葬儀費用がかかってしまうことも少なくありません。

 

そのため、できれば前もってある程度の情報を持っていた方が、いざというときにも慌てずに済みます。

 

たとえば、地元にあるいくつかの葬儀屋に見積もりを取っておくというのもいいでしょう。準備として、数社の見積もりを取寄せて比較しておけば、必要以上に高いお金を払ってしまうことは避けられます。

 

だいたい葬儀費用の全国平均は200万円ほどと言われています。もちろんこれは地域によっても異なりますので、近くの葬儀屋がどのくらいの費用がかかるのかは確認しておいたほうが良いです。

 

前もって大手から小さな町の葬儀社に複数の見積もりを請求しておくことで適正な葬儀費用の支払で済みます。
時間がないときは、何軒もの葬儀屋に電話をしたり、実際に訪れたりするのは大変で手間もかかります。

 

最近ではインターネットで複数の葬儀社に一括で見積もりを出してもらえるサービスがあります。
ネットを利用すれば安い葬儀社を簡単に見つけることができます。
いざというときに慌てないように、払い過ぎを防ぐために、そのようなサービスを利用してみることをお勧めします。